株式会社SUKUMOが創造する価値
“クリエイティブで革新的なマテルアル”をベースに新たな市場を創ります。
『SUKUMO』は、藍の葉を原料として作られた染料『スクモ』に由来します。
染師・浅井直幸氏は2004年から皮革の藍染を手がけ始め、
長い年月を経てその技法を編み出しました。
その国選定無形文化財の阿波藍を用いて染め上げられた”SUKUMO Leather”は、
『プラダを着た悪魔』のモデルとして知られるVOGUE誌の編集長
アナ・ウィンター氏に紹介されたことで、世界中のファッション業界から注目が集まっています。
また皮革だけでなく、浅井氏の染めた真珠など様々なマテリアルは“SUKUMO”と呼ばれ、
ファッション業界・家具業界など様々な分野で高い評価を受けています。
そして株式会社SUKUMOは、その “SUKUMO”のブランド価値を高め、
それを生み出す職人たちの価値を高めます。